おおき日記

○×日記です。

ホームページ| 最新月全表示
2006年 9月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の絵日記
2019/12/06 偉大な選手!
直接移動: 2019年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2018年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2017年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2016年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2015年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2014年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2013年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2012年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2011年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2010年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2009年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2008年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2007年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2006年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2005年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2004年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月 
2006/09/30 (土)  美しい日本!
 日本矯正歯科学会が認定する、大学等の指定研修医療機関に最低5年在籍し、その期間に30症例の治験を得た上で、その中から自薦の1症例と学会から指定される1症例を提出して、その1症例にて認定医審査を受け、合格したら、晴れて矯正認定医になります。
 以前から、この認定医の取得方法が問題になっています。大学病院での研修医一人当たり、5年間に治療する患者さんが30名も達しないと言うことと、その患者さんの中に本格的な矯正治療が始められない乳歯を残した幼児も入っていると言うことです。
 そこで、その抜け道として、他人が治した症例を借りて登録するということです。実際の審査は、1症例ですから、5年もすれば1症例くらい、仕上がりの良い症例はあると思います。その審査のみで、認定医を取得していくのです。ただし、中にはしっかり教育をされた先生方もいるのですが。ただ、この認定医制度は矯正治療の技能の最低のレベルですので、認定医を取った後、それからさらに精進していくことが前提です。しかし実際は、この認定医をとることで、満足し、ほとんどの人はこの認定医を水戸黄門の印籠のようにかざして、矯正治療を行っています。
 そうなると、患者さんが勉強して、先生を見抜いて行くしかないと思います。インターネットで検索すると分かると思いますが、北九州にはかなりの矯正の認定医をもった一般歯科医院があります。主に大学からアルバイトに来てもらっている歯科医院も多いと思います。これが問題です。
 私の医院はどこどこ大学から認定医の先生を派遣してもらっていますので、安心して治療を受けて下さいなどと言われるかもしれませんが、これが問題です。アルバイトと言うことは、先ず、治療に対して責任がないと言うことです。責任はその医院の院長ですので、やり放しは可能であるということ。アルバイトですから、都合が悪くなった時点で、他の先生に代わることがあり、治療方針も変わる可能性があり、ほとんどの場合、後からくる先生は自分の後輩で、若い先生であり、必ず腕が落ちると言うことです。
 これでは患者さんに良い治療を提供することは不可能です。
しかも悪いことに、若い先生が未熟な治療をしながら、アルバイトにより高いお金を受け取ると、絶対に技術は向上しないと言うことです。不幸なことに! 先生自身にとっても、患者さんにとっても良いことはありません。もっと患者さんも調べて、勉強をするべきだと思います。自分の事は自分で守らないといけない時代になってきました。美しい日本になるには、まだ50年はかかるのではないでしょうか。こころの美しい日本になってほしいですね。

2006/09/21 (木)  胃カメラ!!
本日、待望の(?)胃カメラを飲んで来ました。検査を待つ時間の長いこと! まず、キシロカインの液を口に含んで、喉の奥に溜め、待つこと3分。喉の感覚がなくなってきます。そこで、スピーカーのアンプみたいなカメラの前に呼ばれ、胃の動きを押さえる注射をされ、カメラのコードを咬みきらないために、開口器をくわえさせられました。
 ”カメラは初めてですか?”との問いに、初めてです!と答えると初めては苦しいかもなんて脅かされ、”挿入するとき、ちょっと苦しいですよ”なんて言われ、カメラが入ってきました。私は食べ物なんだ!食べ物なんだ!と体に言い聞かせ続けました。2〜3度、吐き気を感じましたが、何とかカメラの先は胃の奥深くまで、入っていきました。モニターには火星の表面のような映像が映し出されています。人間の体は良くできたもので、胃の入り口と奥の構造は全く異なる様相でした。結果は十二指腸潰瘍が治った形跡が見られ、中央には潰瘍のできはじめのようなものがありましたが、ガンの兆候はなかったようです。ひとまず安心しました。しかし、自分としてはあまりストレスはないと思っていましたが、やはり、あるのでしょうね。ストレスとはやっかいなものですね。  皆様、人生楽しんで行きましょう。

2006/09/19 (火)  弱気!!
最近、体調が悪いと言っていましたが、明後日、胃カメラを飲むことにしました。先ほど、胃ガンで王監督と同じように胃を摘出した先輩から、退院し、今、家に着きましたと電話がありました。私が胃カメラを飲むと言うと、この際、PETも受けた方が良いとも言われました。なんだか、ホームページで、胃ガンの症状を見てみると、かなり当たる症状でもあります。まな板の鯉の気持ちで、検査を受けてきます。ちょっと弱気です!

2006/09/12 (火)  北海道旅行!
朝晩、めっきり寒くなって参りました。皆さん、夏の疲れが出ていませんか。そうなんです。私は歳のせいもありますが、なんだか体の調子が悪く、いわゆる更年期障害かもしれません!?
冗談はさておいて、本当に疲れが溜まっています。
 明日は、日本矯正歯科学会大会で北海道に行ってきます。北海道に行くのに一泊で帰ってきます。北海道まで飛行機で行って、一泊して幾らだと思いますか?38、800円です。ホテルのランクを落とせば、2泊で34、000円でもあります。これはどうなっているのでしょうね。まともに運賃やホテルを頼んでいたら、本当にバカを見ますね。航空料金も安くなりましたが、でも安全が第一ですから、あまり無理をしてほしくないですね。
北海道まで新幹線なんて、気が狂いますので、やはり飛行機で行きますが、落ちたらもうおしまいですが。
 それでは行ってきます! 当地で面白いことがありましたら、書き込みます。お楽しみに!
 

2006/09/01 (金)  天体観測!
とうとう9月、暦では秋ですね。私の大好きな季節になりました(?)。この夏、朝、暑い日差しの中、屋根もないバス停ですので、そのバス停のそばにある大きな電柱の日陰に隠れて、バスを待っていました。この2週間、その日陰はどんどん北側に傾いていきます。それでその日陰に入ろうと思うと、今ではとんでもないところに立たないといけないことになってきました。
 冥王星が太陽系の惑星から除外されましたが、あまり身近な事ではありませんでしたが、この日陰の傾きの変化は、ちょっとした天体の不思議を体験させてくれました。楽しいですね。
 

Copyright © 2004 DigitalNetWorks Corporation. All rights reserved.