おおき日記

○×日記です。

ホームページ| 最新月全表示
2014年 8月
前の月 次の月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新の絵日記
2019/10/19 AIと戦う!
2019/10/05 欠損歯!
直接移動: 2019年 10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2018年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2017年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2016年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2015年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2014年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2013年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2012年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2011年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2010年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2009年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2008年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2007年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2006年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2005年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2004年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月 
2014/08/19 (火)  ジャンケン!!
 毎朝放送中の朝番組 ”めざましテレビ” で目覚ましジャンケンというコーナーがあります。私は時間があれば、挑戦しているのですが、毎回、対戦する相手が、ジャンケンをする直前にしか分かりません。最近では相手が分かると、ジャンケンには勝つか引き分けにはなっても負けは少なくなりました。
 すこし芯のある人や自分自身をしっかり持って居る人は、グーを出します。女性や軽い感じの人はパーです。チョキはその間の性格、どれで、相手を見てグーかパーを判断すして、そのゲームに挑戦して見て下さい。中々、おもしろいですよ。

2014/08/18 (月)  愛する人愛される人の存在!
 先日、このブログに掲載する内容があったのですが、思い出せず、悶々としていました。今朝、ふと思い出しましたので、書きます。
 最近、幼児、女子の誘拐殺人など異常行為が多いと思いませんか。新聞などニュースをみると、殺人まで行っている犯人は無職のことが多いようです。
 一方、盗撮など、見つからなければ、問題にならない行動を行う犯人は、高学歴で高い役職についた人や警察官や判事など公務員など、ちゃんと家庭を持った人が多い様な気がします。
 また痴漢行為は痴漢をする相手が目の前に居て、誰がやっているか、気付かれるか、気付かないかのスリルがあるのでしょう。そういう点では、気づかれない盗撮と明らかに自分が表に出てくる誘拐などの間の犯罪ではないでしょうか。不謹慎な話ですが。 やはり無職という立場は、もう自分はどうなろうとあまり気にしない自暴自棄の状態になりやすく、容易に殺人を犯しても誰も悲しませることがない、または自分を愛して欲しかった人に振り向いて欲しいという感性から、殺人など終始のつかない状況になってしまうのではないでしょうか。
 政治的には、このような殺人を犯させないためにも、やはりしっかり生活が出来る仕事につくことが出来、その上で愛する配偶者、子供たちの居る家庭を築くことができる社会をつくること大切なんだと確信します。言い過ぎましたが、自分を心から愛してくれる人がいることが重要なんだと感じます。それは両親でも良いし、恩師でも良いのです。
 今の中東の問題も宗教的な問題もありますが、やなり貧困も大きな原因になっているのでしょう。
 やはり子供の頃、両親の愛情を身体一杯に受け、自分を愛してくれる人や心配してくれるがいれば、中々、それに背き、その人達に悲しい思いをさせる行動を起こすことは出来ないでしょう。きっと様々な残酷な事件は起こらないでしょうね。
 人間って難しいですね。読み流してください!

2014/08/06 (水)  研修生!!
 先週から今週末まで、福岡の衛生士の専門学校から、一人、研修に来られています。人を教育したり、育てると言うことは、本当に大変です。矯正の臨床を教えることは、国家試験対策ですが、臨床に向かう心を教えるのは、私達が行っている診療を外から見て感じることではないでしょうか。口を言っても、そう理解できるものではないと思いますし、当の本人がそれを受け入れる態勢を整えていないと一方通行で終わってしまいます。
 彼女たちは将来的には、それぞれ異なる歯科医院に就職していくのですが、結局、それぞれの医院の院長の考え方に左右されてしまいます。院長の臨床に対する考え方や患者さんへの対応の仕方は、スタッフに反映しますので、仕事への生き甲斐は自分自身の心がけだけでは空回りしてしまいます。
 歯医者の卵である学生さんも同じですが、臨床に楽しさ、患者さんが喜んでもらった時の喜びを知ることが、さらに勉強の意欲を促進することになり、自分の引き出しが増えることになります。それを早く感じて欲しいものです。

Copyright © 2004 DigitalNetWorks Corporation. All rights reserved.