おおき日記

○×日記です。

ホームページ| 最新月全表示
2006年 8月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記
2019/11/09 幸せ!
直接移動: 2019年 11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2018年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2017年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2016年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2015年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2014年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2013年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2012年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2011年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2010年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2009年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2008年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2007年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2006年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2005年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2004年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月 
2006/08/22 (火)  夏よ!さらば
高校野球も終わり、とうとう夏も終焉を迎えます。まだまだ暑い日が続くようですが、確実に日差しは傾いてきています。秋もいいのですが、やはり暑くても夏がいいですね、わたしは!
 皆さん!今年の夏は如何でしたか? 私は開業して以来、大きな休みは取れませんので、休診日は体を休めるしかありませんでした。先日、私を除く家族が、旅行したときの話です。当然、ひとりでの生活は始めてです。それも3日間です!さんざんな3日間でした。特に困ったのは食事でした。夜は、将来、こんな生活になったらと思うと、普段、うるさくても、家族のありがたみをしみじみ感じた3日間でした。感謝!感謝1

2006/08/16 (水)  接待テニス!!
昨日、朝の9時から昼の1時まで、この炎天下の中、テニスをしました。真っ黒です! 実はひょんなことから、28歳のフランス人のジェフとテニスをする機会がありました。フランス語か英語で話が通じるのですが、当然、私は英語混じりの日本語です。幸い、彼もテニス好きで、共通語はテニス用語でした。最初はダブルスをメンバーを変えて、やっていましたが、どうも彼が使っているラケットが奥様の古いラケットのようで、彼のイメージ通りにボールが飛んでくれないようです。もともと、彼はシングルスプレーヤーというので、接待と思い、シングルスに挑戦してみました。最初は私が有利に試合を運んでいたのですが、そのうちスタミナが切れてきました。ダブルスは二人でやるため、スタミナは半分でいいのですが、シングルスとなるとそうは行きません。コートの外に飛んだボールも自分で取りに行かないといけんませんし、連続的に行うサーブ、レシーブと休む暇もありません。途中、彼の奥様が来られ、アップアップの私に”明日の仕事があるので、もう止めても良いのですよ”と助けを出されますが、そうは行きません。結局、フランス VS 日本は6対5で負けてしまいました。私、曰く彼にはこれが日本の接待テニスですと奥様に通訳してもらいました。くそ〜!!

2006/08/07 (月)  アカデミック・ハラスメント!
昨日の続きです。九州歯科大学歯科矯正学講座の教授のアカデミックハラスメントの新聞掲載について、最近、教授の権限を乱用する事件は多くあります。昔からあったのでしょうが、表に出ることはあまりなく、内部告発以外はありえません。内部告発は相当、勇気のいることで、後のことを考えるとなかなか、告発することはできません。
 恐らく、今回の新聞掲載後のこの事件への九歯大の対応は、事なかれ主義的な解決策をとると思います。人の噂も75日と言います。今でも医局員は何もなかったかのように行動しているそうです。もし、このセクハラを教授でなく、助教授以下の教員がやって、新聞沙汰になったとしたら、免職や辞職など、とんでもない騒動になっていることは間違いないと思います。
 大学ならびに講座内では、今回、内部告発した先生の今後の立場の保護を確実にしてほしいと願うだけです。

2006/08/06 (日)  新聞掲載!
2〜3日前の朝日新聞に日本矯正歯科学会の法人化に伴う西日本歯科矯正学会との問題と九州歯科大学歯科矯正学講座の教授のアカデミックセクハラについて2日間、大きく連載されました。
一般の方は何のことやらさっぱりわからなかったと思いますので、まず、今日は日本矯正歯科学会の法人化についてご説明させていただきます。以前からもこのことについてはここで書かせてもらいました。
 政治の世界でも特殊法人の問題や、社会保険庁の使い込みについてはおなじみになっていると思います。
 日本矯正歯科学会は大学主体で活動しています。会員も6000名を超える大きな団体となりました。年会費も13000円と法人化を見越して値上げされました。これについても一言ありますが、年会費だけでも学会に毎年7000万円あまり集まってきます。今は任意団体であり、役員などの手当てはもらっていたでしょうが、はっきりしていなかったのではないでしょうか。その点が不当目名だけにいい加減ではなかったでしょうか。社会保険庁も同じですが、人のお金が黙っていてもどんどん集まってくるのですから、理由をつければ、会費を使っても問題ないと思うのは当然かもしれません。事実、お金を使い込んだり、タクシーで東京から広島まで帰った教授や、学術大会での浪費などは表に出て来ず、一般会員にはまったくわかりません。日本スケート協会も会長の私的流用で問題になりましたが、内部告発などがなければ決してわかることではありません。
 話はもどりますが、この日本矯正歯科学会は文部科学省から”法人化には全国の地方矯正学会を解散させて、一つにまとめることが大前提”ということで、各矯正学会を解散に追い込んでいきました。その中で、西日本歯科矯正学会だけが解散を拒絶しました。この学会は他の地方学会の成り立ちが異なり、九州歯科大学の初代教授の横田成三先生が中核となり、一般の歯科医師から作り上げた学会で、総会では会員の意見が自由に発言でき、会計も明瞭なすばらしい学会でした。日矯学会の解散についての説得も何度かありましたが、不明瞭で、矛盾することばかりで、会員は納得しませんでした。しかし、そのうち会員は大学派と臨床医に2分されてしまいました。そして西日本歯科矯正学会の多くを占めていた大学の会員が日本矯正歯科学会の法人化に拍車をかけるために、九州矯正矯正学会を立ち上げ、それに賛同する開業医がそちらに流れ、西日本歯科矯正学会の会員は半分以下となりました。
 しかし、結果的には以前、日本矯正歯科学会の法人化は文部科学省の承認が取れず、達成されていません。
 日矯側は法人化されると、公認会計士の付き、会計も明瞭なり、評議員の数も全国の会員数に合わせて決定し、意見も出て気安くなるといっていますが、法人化により、理事等の役員もおおくなり、そこに流れるお金は莫大なものになるでしょう。
 しかも、そのお金は規約、会計では正当な出金で、さらに問題になることがなくなるでしょう。官僚の天下り先にもなるでしょうし、退職金も出て行くでしょう。まったく今の政治で問題を、最初からわかって取り入れています。役員や理事になられた方はそれの方が良いのはわかっています。正統なお金の出金は良いのですが、それを監視する機関がないことも問題です。
 明日の予告にもなりますが、偏見かもしれませんが、私が30年以上大学にいて感じることは、大学の社会は一般社会の常識は通用しないところがあります。特に教授となると誰も彼も頭を下げてくるのですから、容易に裸の王様と化していきます。
 つまり教授が右といえば、右なのです。しかし、今が昔とは異なり、そうは行かなくなったことが、今回のアカ・セクの報道ではないでしょうか。

2006/08/02 (水)  ガン告知!
 先月、突然、心筋梗塞で他界された私の先輩のお話しを書きましたが、今度も、私の尊敬する先輩が胃カメラでの検診を受け、ガンを発見されたそうです。事前に検査結果がガンの時は、ガン宣告を受け入れることを了解していたため、心構えが出来ていないところで、医者から唐突にガンである可能性が高いと知らされたそうで、突然だったので、笑いがでたそうです。現在の日本人の死亡原因の一番はガンであるにもかかわらず、心のどこかでは自分はならないだろうと思っているものです。
 自分だったらどうだろうと考えてみましたが、現実味が湧いてきません。人間は生まれてきたら必ず死ぬのですから、その死に方もきれいに行きたいですが、そう巧くは行かないでしょうね。
 人間が何で生まれてきたか、この宇宙レベルでの命を考えると今の人間生活(殺人事件、いざこざなど)なんて、バカみたいに見えてきますよね。皆さん、今のそれぞれの生活の中で、出来るだけ人のために役に立つようなことを試みてください。学生さんは当然、勉強ですね。勉強は将来、人のために役に立つための手段ですよ!  頑張っていきましょうね!

Copyright © 2004 DigitalNetWorks Corporation. All rights reserved.