おおき日記

○×日記です。

ホームページ| 最新月全表示
2013年 9月
前の月 次の月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新の絵日記
2019/12/06 偉大な選手!
直接移動: 2019年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2018年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2017年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2016年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2015年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2014年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2013年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2012年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2011年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2010年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2009年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2008年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2007年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2006年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2005年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2004年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月 
2013/09/21 (土)  歯科大学の予備校化
 最近、歯科医師国家試験の合格率は下がっています。と言うのも、厚生労働省は歯科医師の数が多すぎると言う指摘(歯科医師会から?)に、それならばと言うことで、国家試験の合格者の数を絞ることになったようです。現在全国に29校、歯科医師を輩出する歯学部があります。確かに計画性のないまま、増やしたとしか思えませんが。それにしても、歯科大に入学させ、歯科医師になれないなんて何と残酷なことでしょう。昔は資格試験でしたので、ある一定の成績を取れば、合格していたものが、今は大学入試と同じように人数制限されています。いくら自分の成績が良くても、上位に入らなければ不合格ですので、皆、発表まで戦々恐々としています。
 と言うことで、各大学は6年生になった学生さん達には、いろいろな国家試験対策を講じています。その策の中に、受験勉強をする期間を長く取ると言うことが行われています。私立の歯科大学では、以前から5年生までにすべてのカリキュラムを修了させ、6年生の1年間をその受験勉強の期間に当てることを行っています。
 九歯大でも、今は6年生の9月までに臨床実習を終え、受験対策期間に入って居るそうです。確かに国家試験に合格しなければ、歯科医師というスタートラインには立てないのですが、あまりにも臨床から離れすぎだと思っています。
 再来年から、九歯大も6年生になった時点から国家試験受験のために、1年間、臨床実習とはお別れになるそうです。だった歯科大学を6年制にする必要は無いのではないでしょうか。5年でカリキュラムが終了するのであれば。つまり歯科医師国家試験合格のための予備校化しているのです。こんなことで良い歯科医師が出来る訳がありませんよね。 やはり国家試験は優秀な歯科医師になるための通過点になって欲しいですね。昔と違って今は時代が違うと言われても、受け入れられません!

2013/09/09 (月)  信頼できる医院?
 今朝、あるダイレクトメールが届いていました。それは日〜M〜K「信頼できる歯科医院2013」と題した広告依頼でした。
 内容はカラーディスプレイでは
    A枠(1/8ページ)15万円、B枠(1/4ページ)30万円
    C枠(1/2ページ)60万円、D枠(1ページ) 115万円
 カラー記事体広告では 
    E枠(1/4P)35万円、F枠(1/2P)70万円
    G枠(1P)130万円、  H枠(2P)190万円
 お金を出せば、この出版社が保証?する ”信頼できる歯科矯正医院” として掲載されます。
  いつもこの日記に書いているのですが、この”信頼できる”という言葉が問題なんです。日〜M〜〜Kなど大きなメディア機関が行う宣伝はやはり大きな力を持っています。しかも何が信頼できるのか分からない、まったく無責任な広告です。
 この雑誌を読んだ国民は、大きな広告ほど、信頼できる医院だと勘違いしてしまいます。広告社を批判する前に、まず、患者さん自身がよく勉強して、判断するべきでしょうね。もっと利口にならなければいけない時代になっています。
  
 

2013/09/01 (日)  ゴールドカード!さよなら!
 昨晩、北九州空港から帰る途中で、ついに隠れていたパトカーにスピード違反で止められてしまいました。50キロ制限を70キロで計測されました。
 久しぶりに止められました。それは仕方ないのですが、後15日間、大人しくしていたら、念願のゴールドカードだったのですが。これでまた取得出来なく区なりました。運転免許を取得して40年くらいになりますが、まだゴールドカードになったことがありません。今度の機会を逃すと、もう取れないと思っていました。
 今年、免許の更新をすれば、このスピード違反のため、ブルーの5年にまた戻ります。次の5年間、また大人しくしておかないといけません。次は65歳まで待たないといけません。もう生きていないかも知れません。残念です!!
 捕まったパトカーの中で、帰り道は覆面パトが多いので、気を付けてください!なんて言われ、さらに頭に来ました。別れ際に、お巡りさんに”頑張って、また他の車を捕まえてくだい”と言ってきました。今日は眠れません!

Copyright © 2004 DigitalNetWorks Corporation. All rights reserved.