おおき日記

○×日記です。

ホームページ| 最新月全表示
2011年 3月
前の月 次の月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新の絵日記
2019/12/06 偉大な選手!
直接移動: 2019年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2018年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2017年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2016年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2015年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2014年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2013年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2012年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2011年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2010年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2009年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2008年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2007年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2006年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2005年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2004年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月 
2011/03/26 (土)  こどもの喧嘩!
 今朝、通勤のバスの中で、遭遇した事件です。運転席の後ろに座っていた60代くらいのおじさんが、突然、くしゃみを始めました。普通のくしゃみであれば、聞き流すのですが、それがまた大きな声を伴ったくしゃみです。しかも、それが花粉症かもしれませんが、何度も続きます。バスの後ろにも届くくらいのくしゃみです。皆、びっくり!
 とその時、彼の後ろの席の50代くらいのおばさんが、”やめなさいよ”と声を掛けました。私は彼の奥さんだとばかり思っていたところ、その注意に、親父は”うるさい”と。続いて、おばさんもひるまず、”マスクくらいしなさいよ”、”金がもったいない”と。その後も、二人は大声でやり合っています。最後、親父は”このブス”と締めると、おばさんは”このくそ親父”とやり返し、子供の喧嘩は終了しました。その後、その親父は、そのおばさんの反対側の席に変わり、何となく”負けた!”と言う雰囲気!!バスの運転手さんも何も無かったかのように静かな運転でした。
 久々に、楽しい時間でした!

2011/03/18 (金)  震災!
 本当に東北地方大震災で被災された方々には、心からお見舞いを申し上げます。私の母一人の死だけでも家族にとって大きなダメージを受けるのです。今度のように多数の突然の家族の死は、私の想像を超えたとてつもなく大きな試練だと思います。
 今の満たされた生活が、この地震で一変し、本来の動物としての人間の姿に戻っています。いつでも何処でも手に入っていた食べ物や飲み物は容易に得ることが出来ず、病気になった場合、すぐに入院できず、寒くなっても暖房が無く、野生の動物の境遇に近くなっています。
 被災地や故障した原子力発電所から遠く離れた九州では、気持ちだけ空回りしていますが、私たちは私利、私欲の生活を考え直し、本来の人間として欲を捨てて、質素に、素直にそして皆に感謝して生きて行かなければいけないと思います。今度は九州が同じような震災を受けないとは限らないのです。
 トイレットペーパーや電池、ティッシュペーパーなどの買い占め、義援金と言ってお金をだまし取ることなど、愚か者の考えることであって、それに乗せられてはいけないといことです。
 
 

2011/03/11 (金)  遺産相続の手続き!
 銀行や郵便局などの貯金を下ろす場合、印鑑と通帳があれば問題は無いと思います。しかしこれが、亡くなった人のお金を下ろすとなれば、問題は別です。つまり遺産ともなれば、それぞれの相続人の数の証書、亡くなった人の過去の戸籍謄本、私の母は出生地、それから父親の仕事の関係で各地を転々としているため、その土地の戸籍調べが必要です。どうしてこんな証書が必要なのかと聞いてみると、母の子供は3人ですが、ひょっとして過去に法律的に遺産相続として権利のある人が居るかも知れないと言うことで書類が必要何だそうです。そんなに遺産なんてないのですが、手続きって、本当に難しいですね。
 そんなときに、すべて司法書士の方がやってくれるそうですが、今回は自力でやっています。
皆さんもちょっと覚えていてくださいね。

2011/03/04 (金)  面倒な手続き!
 ひな祭りも終わり、忘れ雪も降り、とうとう春の訪れですね。
大切な人も去り、人一人がなくなると言うことが、これほど大変だと思いませんでした。戸籍から外すことや年金の中止の手続きなどすべて別々の役所にそれぞれ行かなくてはならない面倒があります。
 役所に死亡届けを出すことで、すべての手続きが終わってしまうような制度は必要ですね。こんなに面倒な手続きが必要であれば、このまま年金や恩給など貰い続けてもと考えるのは普通かもしれませんね。
 実家の前のアパートに、以前から自称”霊能者”と言うおばあさんが居られます。私はまだお会いしたことはないのですが、家族は何度かお会いしているそうです。母が亡くなって自宅に帰ってきたときもお見えになったそうで、お母さんは笑顔で空に登って行かれましたよ””姉弟仲良くしなさい”と言われたそうです。私はそれを聞いただけで気持ちが和らぎました。姉はお寺に嫁いだのですが、霊の存在を信じておらず、この話を聞いてもまったく理解が出来なかったそうです。
 私は、後々、お会いしてゆっくりお話しをしてみたいと考えています。またご報告させて頂きます。
 

Copyright © 2004 DigitalNetWorks Corporation. All rights reserved.