おおき日記

○×日記です。

ホームページ| 最新月全表示
2013年 6月
前の月 次の月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新の絵日記
2019/10/19 AIと戦う!
2019/10/05 欠損歯!
直接移動: 2019年 10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2018年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2017年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2016年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2015年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2014年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2013年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2012年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2011年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2010年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2009年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2008年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2007年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2006年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2005年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2004年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月 
2013/06/21 (金)  夏至!
 今日は夏至です。昼間の時間が一番長い日です。明日からだんだん日中が短くなって行きます。何となく寂しい感じがしますね。台風も温帯低気圧になってしまいましたので、もうじき雨もやんで、蒸し暑くなってくるでしょうね。皆さん、お元気で!

2013/06/19 (水)  面倒な根管治療!
 今晩、下関市にて、恒例の歯科の勉強会に、大雨の中参加しました。今回の発表は根管治療についてでした。
 歯には、簡単に言うと痛みを感じる大きな神経が歯の種類に応じて1本から数本つづ存在します。その神経を囲んでいる管を根管と言います。
 昔は、一般歯科医院では、普通、むし歯の治療が大きな仕事でした。むし歯が進と神経まで破壊され、細菌に感染した結果、歯の痛みや歯茎の痛み、引いては身体まで蝕まれて行きます。
 その感染をした神経を除去し、その感染した根管をきれいに洗浄し、そこに薬を詰め込む仕事です。その仕事を見ただけで、本当に感心します。この小さな歯の中に、さらに小さな根管が存在し、その根管一つ一つを洗浄し、薬剤を注入する。こんな仕事を歯科医師はやっているのです。
 口の中にはたくさんの歯がありますので、素人から言わせると一本ぐらい無くなっても何て考えていると思いますが、歯科医師はどんな状態の歯も一応、残すように努力するものです。患者さんには、その努力が直接、見えないので、あまり実感が湧かないと思います。
 迷路のような根管を開けて行くことの難しさは、矯正歯科だけしかやって来なかった私なんかから言わせると、絶対にやりたくない仕事です。まず無理だと思います。
 皆さん、歯の治療を受けた時は、すこし感謝して、先生に”ありがとうございました”なんて声を掛けて頂ければ、本当にその苦労が消えてなくなると思いますし、また頑張ろうと言う気持ちにが湧いてくることでしょう。よろしくお願いいたしますね

2013/06/08 (土)  全仏オープンテニス!
 昨晩、テニスのフレンチオープン男子準決勝ナダルVSジョコビッチがありました。ナダルは全仏8回優勝、ジョコビッチは生涯グランドスラム(全豪、全仏、全英、全米)達成がかかった試合でした。どちらの気力が優位に立つかで、この勝負は決まると思いましたが、5セットの死闘の結果、ナダル(長期の怪我から復帰した)の気持ちがすこし上回ったみたいです。プロフェッショナルですので、優勝という名誉も欲しいですが、やはり賞金も重要なモチベーションになりますよね。
 世界中のテニスをする大勢の人から、ほんのひとつまみの選手だけが勝ち得る栄冠です。これはすべてのスポーツに言える事ですが。
 しかし、30年程前からテニスをやっている私に取って、最近のテニスプレーヤーのボールを打ち返すフォームは、皆同じ様に見えてなりません。私たち素人には真似は無理ですが、あまり格好の良いフォームだとは思えません。但し、フェデラーだけは違います。優雅で格好いいです!
 それから女性のボールを打つ時に発する悲鳴に近い声!なんとかなりませんかね。
全仏の女性ベスト4はすべて、大きな声を出しながら試合を続けます。見るに耐えなくなりチャンネルを変えてしまいます。本当に品がないですね。昔の女性のテニスは奇麗で華麗で、つい見とれていたものです。でもテニスは楽しいですね。もっと上手くなりたいです!
 

Copyright © 2004 DigitalNetWorks Corporation. All rights reserved.