おおき日記

○×日記です。

ホームページ| 最新月全表示
2012年 11月
前の月 次の月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新の絵日記
2019/10/19 AIと戦う!
2019/10/05 欠損歯!
直接移動: 2019年 10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2018年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2017年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  4月  3月  2月  1月  2016年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2015年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2014年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2013年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2012年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2011年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2010年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2009年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2008年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2007年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2006年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2005年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月  2月  1月  2004年 12月  11月  10月  9月  8月  7月  6月  5月  4月  3月 
2012/11/24 (土)  認定医!
 日本矯正歯科学会(大学主導の学会)は各歯科大学および大学歯学部の矯正歯科の先生に、矯正臨床のあるレベルに達した先生に日矯学会の認定医を排出しています。またその上に認定医を指導・育成するための先生として指導医を設けています。 
 私もその日矯学会の認定医および指導医の資格を持っています。しかしこの認定医および指導医制度を最初に確立する時はまったく自分の治療した症例を評価する事なく、書類で認定医と指導医を獲得しました。私のような50代から60代くらいの全国の指導医は、ほとんどがこのペーパーだけで認定された指導医です。今はもうそのようなことはなく、自分の治療症例を評価して認定されていると思います。
 つまり今の全国の大学の上層部は、ほとんど臨床の評価を受けた先生ではなく、名前だけの指導医だと思います。私も当然、書類だけの認定医・指導医です。患者さんにとって、それが何だと思われるでしょうし、矯正歯科の認定医や指導医なんて知る由もありませんね。
 でもこれが死に関わる病気だったらそうはいかないでしょ。やはりしっかりとしたお医者さんに診てほしいでしょう。
 ちなみに私は、名前が混乱しそうですが、日本歯科矯正協会(JIO)という大学とはまったく切り離された団体の認定専門医に認定されています。この団体は患者さんに良質の治療を提供しようと思っている矯正単科開業の先生方が集まった協会です。
 この協会が認定する認定専門医は、提示された100症例からアットランダムに10症例を選択し、それを審査して認定されます。話が長くなりますが、重要なので、続けます。
 ある矯正医の実力を判断するには、やはり治療をした患者さんの初診と治療後の資料を客観的に評価しないといけませんが、あらかじめ審査される先生が提示する症例を評価しても、たまたま上手く行った症例かもしれません。それを評価しても真の評価とはなりません。やはり普段、行っている治療を評価するために、治療した症例からアットランダムにいくつ、選択し、それを評価する事でその先生の実力が分かるというものです。それが日本歯科矯正協会の評価法です。
 一方、日本矯正歯科学会(大学主導)の認定医は、あらかじめ指定した症例を認定される先生が選んで審査してもらうものです。そんなにひどい症例を選択しては来ないでしょうし、良い症例がない場合、他人から借りてくることもありました。ある一定のレベルをクリアーする認定医ですから、これで良いのかも知れませんが、この認定医を取得した先生は、もう一人前だと誤解していることも多く、こうなったらもう進歩する余地がありません。それが今の矯正臨床界での大きな問題です。
 大学の批判のように思われたかも知れませんが、すべては患者さんのための大学病院にならなくてはいけません。それが私たち個人病院の問題であれば、閉院する運命ですが、大学はそこまで評判が悪くても、つぶれる事もなく給料もまったく減る事もありませんので、何の不安もありません。
 大義名分は患者さんのためであり、そのためには自分に厳しく、常に謙虚であり、勉強し続けなければいけません。”まだまだ”と自分に言い聞かせなくてはいけません。いくら偉くなっても歳をとってもです。職人として!

2012/11/11 (日)  肩こり解消法!
 肩こりの簡単な解消法をユーチューブの動画で見つけました。ちょっと試して見て下さい。何となく、良い気分です。気分だけかも知れません。http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=_4kXhk6i0p0

2012/11/09 (金)  医院の転居!
 今年の年末に、おおき矯正歯科が移転することは以前の日記に書きましたが、私が、大学を50歳にして退職した時は、今から思うと、まったくの世間知らずでした。開業に際し、色々な場所を検討していましたが、今の場所に開業出来たのは、本当に運命であったと感じます。前の医院の先生が病気で引退された後に、居抜きで開院したわけですが、今回、新しく開設するにあたり、大学という世界が如何に、外の世界とかけ離れた環境であるか、良くわかりました。というのも、賃貸交渉、経費の無駄の排除、交渉、内装の設計、保健所への再登録etc.自分一人では、行っていくことの難しさを痛切に感じたことです。親が生きて居る間は、心のどこかに頼っているところ無かったというのはウソになるでしょうね。
 やっと親離れしたと言えばそうかも知れません。やはり親の存在は大きいですね!
皆さんも、ご両親が居られるならば、感謝し、大いに甘えておいてくださいね。

2012/11/06 (火)  見かけは大事!
 最近、我が家と隣の家の間に、生まれて数ヶ月しか経たない子猫が居着いています。家を自由に出入りしている我が家の猫(クー)の後を追っかけて、ついて来た様です。クーは家に入りたい時は、窓の近くでニャーと鳴けば、私たちが開けてくれます。それを見ている子猫はなんで自分は一緒に行けないのだろうと思っている事でしょう。
 見かけは大事!その子猫は我が家のクーの様な、見慣れたきじ猫ではなく、毛はグレーで耳は白っぽく、目はブルー系、手足の先は白です。美人かハンサムは分かりませんが、この猫だったら、飼っても良いと言う家族がたくさん出ています。やはり人間もそうですが、見かけは重要な要素なんでしょうね。
 きじ猫のクーなんか、最近、歳を取って、さらにブサイクになってきたような気がします。だんだん寒くなって来ています。朝、二階から下を見ると、庭で一人で遊んでいます。かわいい〜〜!

Copyright © 2004 DigitalNetWorks Corporation. All rights reserved.